日本電気さく協議会
 
ホーム 組織概要 会員 電気さくの法律 自主基準 お問合せ
ホーム 活動報告 会員 電気さくの法律 自主基準 お問合せ



電気柵を使用の方々へ
電気柵を使用の方々へ
 
<電気さく>には、その 使い方 や 法律 があります。
    電気さくを設置される場合次のことに御注意願います。

1.
 
  商用電源(AC100Vまたは200V)を直接 さく線に通電すること は非常に危険です。法令違反でもあります。絶対になさらないでください。

2.
 
  商用電源(AC100Vまたは200V)を電源とする機種を使用の場合 電源に漏電遮断器を接続する必要があります。このことは法令で定めてあります。ACアダプター使用の場合も同様です。

3.
 
  全ての電気さくには危険を表す表示板を掲げてください。このことも法令で定めて あります。

4.
 
  張設してある電気さくの電線には接触しないでください。 ペースメーカ使用中の方におかれては特にご注意いただけますようお願い申し上げます。

5.
 
  ラジオやテレビ等に電波障害を与えてはいけないことになっています。
そのようなことがないよう配慮いただけますようお願い申し上げます。


6.
 
  商用電源(AC100Vまたは200V)を電源とする機種には製造メーカにおいて PSEマークの表示が法令によ義務化されております。お客様におかれましてこの機種を使用される場合は本器の表面等に記載されているPSEマークをご確認願います。

7.
 
  電気さく用電源装置もしくは電源部を、その盗難防止を含む目的で、通電性を持つ収納容器・箱等に収め、その部分に電気さく用電源装置からの高圧を印加する形式は、電気設備に関する技術基準を定める省令第4条の【電気設備における感電、火災の防止】に適合しないため、差し控えてください(経済産業省による見解)。

   
以上です。

    ご不明のことがございましたら日本電気さく協議会までご連絡くださいませ。
   


会員
   
会員
   
会員
   
会員
   
会員
   
会員
会員
 
会員 会員
 
会員 会員
 
会員 会員
 



Copyright(C)2008 Nihon Denkisaku Kyogikai